あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
外にあるキッチン
2015-07-08 Wed 01:18
ナマステ!


 何このタイトル?って思われる方もいるかもしれません。 ここJB(ジョホール・バル)ではキッチンが外にあるんです。 

  と、その前に前振りでシンガポールのお話しを・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ランキングに参加しています。 たぶん別窓で開きますゆえ、面倒は無いかと・・。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます! 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございます。 また続きをごらんください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 シンガポールではキッチンで出る煙を外に出すのはご法度。 というのをご存知でしょうか? ま、キッチンじゃなくてもテーブルを囲んでホットプレートとか卓上ガスコンロで焼肉っていうケースでも同じなんですが・・・

 サンマなんかを網で焼いてて煙が出るから窓を開けて煙を追い出す・・・なんてぇことをしたものならたちまち苦情が出るばかりでなく、意地の悪いご近所からは通報されて罰金という憂き目にあったりすることも無きにしも非ず。

 シンガポールはチクリの世界ですから違法者には容赦ない制裁が加えられるのであります。

 ですからキッチンフードには煙を吸収する活性炭入りのフィルターとかがあって・・・なんとその排気は室内循環なんです。 

 ですから出来るだけ煙を抑えた料理を心掛けねばならないのです。


 信じられないでしょう? でも本当の話です。 おかしな国ですよね。 火事と間違えるから? そんなの匂いを嗅げばわかること。 焼肉の匂いがして火事だと思う馬鹿がいるんでしょうね。 

 そんな国でも好きで住むっていう人もいるんですから気がしれません。 が、それに勝る魅力がどこかにあるのでしょうね? というか、本来昼も夜も外食っていう家庭がほとんどですから家で食事をするという習慣を持たない国民にすればキッチンの煙がどーのこーのなんて、ま、どーでもいいことなんでしょうけど・・。 他に勝る魅力一杯の国なんでしょう。 たぶん。 

 小生は・・”サラリーが高いから”・・という理由以外にシンガポールに住む理由は無いかと思いますが・・・。 

 で、今回、JBで引越しをして2軒のコンドミニアムに住む経験をしたわけなんですが・・・

 ここはちょっとばかし、事情が違いました。

 煙の発生するような料理をする場合は、家の外でする・・・っていう作りになってるんです。

 どうなんだろう? 小生の思うところ、ここは投資のために家を買うっていう人も多くて、普段は人に貸したりする人が多いんです。

 ですから、室内に黄ばみや臭いを残してほしくない・・・。 そんなところじゃないのかな?・・と。

 KLに住んでた時はそのような部屋は無かったんですが、キッチンはドアで区切られていても物の受け渡しにダイニング側は大きな開口があり、キッチンフードの換気扇を回せばリビングの冷えた空気が入ってくるって云う寸法で、一応空調された空間と言えるようにはなってるんです。 

 小生としてはそっちの方が合理的かなと思うのですが・・・

 もう一つの理由としては、このようなコンドミニアムニ住む人はお金持ちが多くて、大概に於いてメイドを雇ってるわけです。

 メイドの待遇は大してよくないですから、本格的に料理をするなら外でやって!・・と。 涼しい部屋から命令するわけですね。

 調理する音がうるさかったりするのは耐えられないわがままな連中が多いと思いますので、居間でテレビや音楽を聞いたりしてるのかもしれないですね。

 メイドは金のためとはいえ冷遇されてますよねぇ・・。 部屋はエアコン無しのせいぜい天井扇が付いた部屋でして、窓がある部屋はまだいい方で、狭い壁ばかりの部屋で寝起きをさせられて安い給料で暮らしているわけです。

 にわか成金のマダム達は犬の散歩や子供の世話までメイドにやらせて自分は外に美味しいもの食べに行ってショッピングして・・と女王様気取りなわけです。

 あくまで推測ですが、そんなに外れちゃいないかと・・。

 で、なけりゃ・・・モスレム対他宗教。 ここは云わずと知れた・・いや、言わなきゃ判んない地理苦手な方のために申せばイスラム国家であるわけなんです。

 イスラムでは豚は取り扱わないですから、包丁・まな板・食器までも料理する場合は共用いたしません。 もしかしたらそーゆー配慮からキッチンを2か所設けているのかもしれません。 オーナーがモスレムでメイドがクリスチャンとか仏教徒とかヒンズー教徒。 またはその逆。

 ま、どんなケースに於いてもキッチンが内と外にある理由が見つかる訳です。 ま、最後のケースは聞いたことは無いですがあり得る話です。 

 ここに住むときに「煙が出る料理は外でやるように」・・と、念を押されたらしいですから、最初のケースがもっともなのでしょう。

 そーゆー意味ではシンガポールとは違った理由で、おかしなキッチンが存在するのです。

 で、前置きが長くなりましたが・・・


     新居のキッチン・・・ヒッジョーーーに使いづらい。


  まず・・・暑過ぎる。

  エアコンの室外機が傍にあるので、音もうるさいし、何より熱がこもって、長い時間ガスレンジの前に立っていられないのであります。 
 外のキッチン
 更に、棚が無いので物を置かれないし、調味料などはあまり暑いところに置きたくないものもあって、料理の度に室内から持ってきては使い終ったらまた室内に戻す・・・というようなことをしなけりゃならない。 要は面倒が増えてるんです。


  この点はまだ前の家の方が良かった。 前のところは外は外だけど中に雨が入ってこないように大きなガラリで全面覆われて、小さいながらも換気扇があったので室内の冷えた空気が若干入ってくる。 そして何よりエアコンの屋外機が無いからやや静か。

 こちらが室内のキッチン。
室内のキッチン

 見た通り、ビルトインのガスレンジとかIHクッキングヒーターがありません。 卓上のIHクッキングヒーターが流しの下に仕舞ってあって、使う時だけ天板の上に置いて調理する・・・という仕組みです。 それにしたって鍋を2つ同時に使えませんから室内のキッチンでは段取りよく料理が作れないのであります。

 シンガポールでもそうだったんですが、何より不便なのは天板が狭い。 野菜や肉とか魚とか切った物やこれから切る材料を身近に置いておくスペースがあまりないんです。 

 リビングとかダイニングは10何畳とか20畳とか無駄に広いスペース?を取ってるくせに、ことキッチンと言ったらままごとクラス。
広いダイニングと奥のリビング

 笑いたいけど笑えない・・。 

 料理を作るたびにあっち行ったり、こっち行ったり・・・。

 機能的じゃないんですよね。 外のキッチンなんかは棚もないし食器を洗ったところでそれらを置くスペースもない。 食器かごを買ったとしても、それを置いたら今度はまな板を置くスペースもない。 

 流しは小さくてフライパンのようにやや大きいのを洗うと撥ねた水が周りを濡らすし・・

 要はどこの設計事務所だかコンサルタントの人も自分で飯を作ったことのある奴なんていないから正しく勝手が判らない。

 
      全然センスの欠片もない。


 照明もひどいもので、キッチンなんかは外も室内も天井の中心に小さめの蛍光灯が一灯付いてるだけで、手元に影は出来るし、暗いし、使う人のことなど一切考えてないのです。 そりゃひどいもんです。

 細かいことをあげれば、コンセントも足りない。 炊飯器、電子レンジ、ミキサーとかコーヒーメーカーとか、とか・・いろいろその都度使う器具も含めてあるかと思うのだけど、ここの場合でいったら電子レンジはダイニングの収納棚の上に置いてあるし(3枚目の写真参照)、炊飯器は外の流しの傍に置いて(1枚目の写真参照)隣の洗濯機用のコンセントを使っています。

 ここのコンドミニアム・・箱もひどいが、設備もお粗末。 

  でも・・・話に聞いたら・・・ここを建てたのは日本のスーパーゼネコンT建設だっていう話ですから・・地に落ちたもんだ。

 コンサルタントにお伺いは立てなかったのか? 

    ちょっとくらいは日本のプライド持て!・・と言いたい。

 と、いつもあいつらに抑えられている鬱憤を・・ここで・・。

 しかし・・ま、なんてこころがさもしい??


  嗚呼・・でも・・コーヒーは美味い。


   そのうち段々と慣れてくるのでしょうが、今まで二人分を作っていたのが一人分なので材料を使い切るってことが悩みの種でもあります・・。


  ため息の回数が気持ち増えた気がする・・・。


 でわでわ また

 
スポンサーサイト
別窓 | 住処海外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
引越し
2015-07-05 Sun 23:02
ナマステ!


 水のシャワーとネット環境の悪さっていうものがあって引越しを決めたんですが、海外長い割りにはやっぱりどっぷりと日本人だったな・・と思いましたね。 引越しして早速シャワーを浴びたら・・正しくホットしました。 冷たいのに慣れたわけでもないですが、前の方の設定はかなり熱くなってました。

 それはそーとして、引越ししても自炊するって事には変わりないので、移動と言っても新居の下見をして、足りないものを買って、食材を買って・・と、けっこう初日は疲れるもんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ランキングに参加しています。 たぶん別窓で開きますゆえ、面倒は無いかと・・。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます! 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございます。 また続きをごらんください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 車で30分くらいの距離ではあったんですが、半日掛かって引越し完了です。 家財道具・・・というものも大して無いから、会社の車で西から東っていう感じで済んじゃったんだけど・・・前述したように一旦下見をして、必要な物のリストアップをして、それから前に居た近くのイオンに買い出しってことで引き返してきたようなものですから2往復した感じです。

 お金のかからないはずのマレーシアでかなりまた使ってしまいました。

 新しいところの近くには大きなスーパーは無いので、これからは仕事帰りに時々寄り道をして買い出ししなければならないってのが新たな悩みでしょうか。

 最初は「今居るところは2軒借りててそれぞれ3部屋とリビングとダイニングとキッチンっていう間取りです。」って聞いてて、てっきり隣り合った戸建の住宅を2軒借りて・・・って思ってたら、こちらも30階はある高層マンション。 こっちでいうコンドミニアムでした。

 1フロアに8室(8世帯)あるから1棟250世帯分はあって、4棟も建ってるし・・1000世帯・・3~4000人は暮らしていそーな・・計算になるかな? 周りにも戸建の住宅がひしめいているし、1万人くらい暮らしていてもおかしくは無い。 ここら辺はJB(ジョホール・バル)の中心地にも近いので住宅が完全にとぎれてるってこともないし、大型スーパーが入ってきてもおかしくない場所なんだが・・・

 余程近くにスーパーが無いのが悔しいのか・・と思わせる文ですが・・・実は大いに不満なんです。

 こーゆー忽然と現れた街・・デベロッパー次第なんですが、大型商業施設とタイアップして作られたところはまだいいけれど、車社会が発達して、「別に街中になくても車で10分とかの距離にあれば逆に街は静かだし住みやすいわ!」っていうところなもんだから車を普段持たない我々は身動きが取れないのですよ。  車で10分っていったら5~6キロは先ですよ。 常夏の国で片道30分の歩きは・・・辛い・・。

 それでも一応近所の探索はしておいた方がいいとは思います・・・が、昨日ちょっと車で走った感じでは気の利いた店は無かった気がしたなぁ・・。

 カタールのドーハの新市街もそうだけど、車優先の街づくりってのは年寄りには住みにくいところところだなって思いますよ。 

 ここ近辺の写真です。 全部部屋から撮った写真です。
スーパーはあの地区か?
 東西南北がよく判らないままなんだけど・・こっちの方角に高層ビルが・・。 なんかスーパーがありそうな雰囲気ですが・・。


 かと思うとこっちの方は更にたくさんの高層ビルが・・多分JB中心部かと・・・。
それともあの地区か?
 こっちの方角は間違いなくたくさんの巨大スーパーがありそうです。

 ご近所はこの通り。 4棟並ぶ高層マンションの周りは木が植えられてます。 そしてその先には住宅街。
ホテル周りの木々とその先の住宅街
 戸建と言っても両隣は壁で仕切られた大きな長屋みたいな家が並んでいるんです。 その先、白く帯になってるのは商店街ですが、関わりを持てそうな店舗は・・7-11くらい?

 ここの敷地を抜けるだけで100m以上は歩かされます。 写真に見える白い通りまで出るのに300~400mはあるかなぁ。

 日本と違ってこのような高層マンションは周りに高い塀を巡らせて、出入り口は一か所で、セキュリティがゲートの管理をしているのが普通で、この敷地内に暮らしている分には安全が確保されている・・というわけなんです。 日本みたいにどこからでも入ってこられると云うわけではありません。 シンガポールと同じですね。

 普通の一軒家に住んだら・・・直ぐに目を付けられて・・物取りに遇う・・という話ですから・・・そーゆー意味でも日本って治安はいいですよ。 日本にもそりゃ空き巣はいますが・・確率の問題です。

  それと、警察の質の違いも大きいでしょうね。 こっちの警察官は袖の下で見逃してくれるということで職権乱用で荒稼ぎしてるくらいですから日本のような秩序を期待するのは無意味。 よって、日本人のビジネスマンは皆このようなマンション暮らしにならざるを得ない。 家だけを見たら海外の方がいい暮らししてると思われますけど・・・一歩外に出たら普段から注意を怠ってはいけないってことでしょうか。


 と、本日ここまで。


 でわでわ また




 
別窓 | 住処海外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ホテルのマニュアル?
2014-07-20 Sun 22:53
ナマステ!

 もうここのホテル暮らしも9か月になろうとしています。

 ここは契約で週2回ほどベッドメイキングが入って、床の掃除、トイレの掃除、タオル類の交換、レンジ周りの汚れ落とし等々をやってくれるのですが、食器洗いだけは絶対やらないことになってて、そのくせちゃっかりレンジの汚れ落しには小生が買った洗剤とスポンジを使っている。

 でもまぁそれくらいのことは大目に見てます。

 当初はタオルが交換されてないとか、補充を忘れているとかいろいろ目に余るトラブルがあって、何度も何度も苦情を言ってたら・・少しづつ改善はされてきてて、

 「・・・ほぉ~~多少は学習能力があるんだな・・・・」と、思うようになりました。

 この学習能力・・・実際マニュアルがあるのかないのか判りませんが・・・

 毎回、実はイラッってくることがあるんです。

 それは・・スタンドの位置。 

 部屋の机の照明とベッドのサイドテーブルの照明は普段から毎日入り切りして使っているものなんですが・・・


 このスイッチが普段は手の届かないところにあるんです。


 例えば・・・机の照明。
      デスク照明・・マニュアルではこの位置?
 隣のテレビを置いてある台との隙間にスイッチがあるもので、イチイチ間に手を突っ込んでちゃ面倒なので、照明の台座を90度反転させてスイッチを机の上に来るようにセットしておくんです。

      デスク照明・・スイッチを上に
 ま、こんな感じです。 

 これだとスイッチを持たなくても上から押して入り切りできるし実に便利な位置なんです。

 同じようにサイドテーブルの照明も同じように90度反転させて台の上に来るようにいつもしてます。 
      サイドテーブル照明・・スイッチを上に

本を読んだあとにまたベッドから抜け出すって・・ふつうありえないでしょ? サイドテーブルの照明は寝ながら消せるっていうのが・・・ま、普通ですし・・・・。


 ところが、ここは・・・・・

 同じように、サイドテーブルの照明も・・

  掃除が入ると・・・
       サイドテーブル照明・・マニュアル通り?

 いつもだら~~~と反対側に垂れ下がったままになるんです。


  サイドテーブル内蔵型の照明にしてないから、個々でコンセントから持ってくるのはいいとしましょう。

  でも・・・最良の位置に置いてあるものを・・

     わざわざ元に戻すバカいるか??


        もし・・これがマニュアルだとしたら・・・(このホテルのスタンダードな照明・家具の配置)


          やめてほしいっす。


    でも・・ソファーをテレビの前に移したら・・・



      それはず~~~~~~~~~っとそのまま。


        アイロン台を出しっぱなしにしていても・・・


           ず~~~~~~~~~~~っとそのまま。


    ため息が出ます・・・。
     

 本当いうと・・・もっともっとイラッてくるのがあるんです。
 

 ここのホテルの一番駄目なところは従業員も客用エレベーターを使うことですかね。 聞いたらエレベーターは共用とのこと。

 「・・え~~?? これだけの大きいホテルで専用エレベーターが無いなんて・・ありえないっしょ!」


        ・・と普通は思います。

    

        でもほんとなんですね。 



 ですから時々待つのにイライラすることがあります。 各階でワゴンを出し入れしたりして長く開けてるんです。 

 で、やっと開いたと思ったら中からベッドメイク用のワゴンが出てきたり、掃除の人間が道具もって一緒に乗ったり・・・

 こーゆー設計は絶対大規模ホテルではしないのですが・・・もちろん小規模のビジネスホテルなんかは別ですよ。

    でも・・・・ここはありなんですね。 

 1棟300~400室あるのが全部で5棟もあるんですよ! 35階もある建物が5つ。 こんなホテルで従業員用のエレベーターが無いなんて・・ふつうおかしいですよね。 

     こんなホテルを造っちゃいかんって!


   でわでわ また


 ランキングに参加しています。 すこしづつランキングが上がってきました。 

 ありがとうございます。 ポチッの後押し・・励みになります。    
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村    
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。

 追記: あいやばばライフの方も更新してます。 


別窓 | 住処海外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
海外のホテルでのシャワー設備・・一考察。
2013-12-10 Tue 00:55
ナマステ!

 ちょっと体調を崩しまして、本日はお暇をいただきました。 

 お陰様で、熱も下がり、明日は問題なく出勤できるかと思いますが・・・これでこっちに居る日本人5人全員が、風邪に掛かったことになりました。 

 さて、そんなわけで、丸二日間シャワーを浴びていません。 ここでシャワーを浴びたら寒気が倍増しそうだからです。 バスタブでもあるのであればゆっくり浸かりたいところですが・・そうも行きません。

 そのシャワーなんですが・・・ここのホテルのシャワーは今まで使った中で1・2を争う高さにセットされてまして、とにかく使い勝手が悪い。
シャワー室
 写真でも判るかと思うのですが、取り付け高さ(固定点)が1.95m。 この高さの支持台にシャワーヘッドを差し込むとなると、ホースから先に差し込んでいかなければ入らないので、都合最低2mまでは持ち上げないといけなくなるんです。


 ちょっと高すぎないかい?


 小生の身長が165cm。昔で言う五尺五寸。 日本人の中でも小さい方である小生ですが、ここにシャワーヘッドをセットしようとすると、ちょっと背伸びをしないと届かないのであります。

 日本女性で1.5m前後の人だったら・・・多分・・否、絶対、届きません。 そーゆー方は隣で旦那さんか彼しにおんぶかだっこされるか、下で四つんばいになって踏み台になってもらわないと届きません。

 設備屋として言わせてもらえば、普通このようなタイプのフレキホース付きのシャワーヘッドは、高さを自在に変えられるバーを用意するものなんでございます。 写真のように固定されたものは、通常、低い位置に簡易的に置いておく・・というような場合に取り付けまして、一番天辺に取り付けるようなものではないのであります。

 ただ、それは”必ず”という類のものではなく、別に固定型のものを取り付けても問題はないのでありますが、そこそこ万人が使える高さ・・というものを考慮すると、一般的にはMAXで1.9m。 海外の小生の経験では1.85m・・というのが一般的かな・・と思っていたんです。 というのも、固定点は1.85mでもシャワーヘッドそのものは1.95~2mあたりに来るからであります。

 毛唐達でも1.9m超えの人は5~10%くらいで多くは1・8m台です。 この1.8m台の人間達。 小生に言わせるとガリバー連中・・と言うことになるのですが・・特にこの高さの人たちは・・取り付け高さが1.95mでも・・別に~普通でしょ?・・ってことになるんです。 

 小生のような小人には理解できない位置ではあるのですが、他の日本人にこの話をしたら・・

 「別に、あれくらいで丁度いいんじゃない? あんまりシャワーヘッドの位置が近すぎると痛いんだよねぇー。」との答え。

 「・・・・・・。」

 聞く人聞く人・・みな同じ答え。


   迂闊だった・・・。

 
      悔しいが・・この現場・・小生を除くほかの4人。


   実は・・


     不思議なことに・・


        全員



       >6尺男

 
 小生はマイノリティー・・・。 バレーやバスケットボールチームでもないのに180越えの人間がよくこれだけ集まったなと・・・・。

 無論、この先この話が続くことは無く・・・。 小生の日本人から見た目での設備屋としての海外経験は根底から覆されることになり・・東南アジア目線でしか考慮してなかったことに気付き、少々落ち込みました。

 で、その日のホテルでエレベーターに乗ってきた若い毛唐。 


   これがやたらでかい。


 そのまま向かい合ったら目線がヘソ?っていうくらいでかい。

 「大きいねぇ・・・いくつある?」って聞いたら、

 「シックス・テン」・・・「・・・あ~センチメートルじゃないんだぁ・・・」と。

 シックス・テン=6フィート10インチ。 で、これをセンチメートル換算にすると・・


   2m8cmですよ。 


     小生は・・・目がテン・・でした。


 こいつにすれば・・ホテルのシャワーでも


         ・・低すぎる・・・。





 でもね。 そもそもここのホテルのシャワーというか設備全体にいえますが、やっぱり設計がおかしい。

 大男を考慮したヘッドの高さはまだ議論の余地は残っているけれども、それは置いといて、カーテンに囲まれた広さはあまりにも狭すぎる。 足を洗うのに屈めないんですよ。

 『あいつらは洗わない!』と仮定すればそれまでなんです・・。要は、ただ汗を流すだけに留めて。屈んでまで泡を一杯つけた浴用タオルやスポンジで念入りに洗うことはしない・・んじゃないか? 

 それならそれでもいいけれど、バスタブが無いとは言え、やっぱり洗うっしょ!っていうのが本当のところであろうと思いたい。

 なんか矛盾し過ぎてないか? 大男を前提としてシャワーヘッドがこんな高さになったというなら、身体を洗うことも考慮に入れてそれぞれ50cmは広げないと。

 屈んだとき、100%濡れたカーテンがピタって身体に貼りつくんです。・・・正直・・気持ち悪い。

 ホモの人が満員電車やバスで擦り寄ってくるのと同じくらい気持ち悪い。 いや、やっぱホモの方が気持ち悪いか・・。

 大昔の話ですが・・・白い水着を着たうら若き乙女の、水に濡れた肌の色のぼんやり見え隠れするを嬉々として見ていた自分は恍惚状態に・・・・あっ関係ないですね。

 それと・・・照明なんかもその位置と光の色・・・全然考慮されていないんですよねぇ。 シンガポールのほとんどのコンドミニアムは合格点など出せないキッチンでしたね。 そのくせ事務所は500ルクス確保しないと駄目だとか、うるさく言うところはうるさいんですけどね。

 ここもそうです。 背から光が当たるためにまな板が暗くなる。 レンジ周りもそうです。 
レンジ
 
 なんか、こーゆー風に一点一点の不具合を検証していくと、我が家とオーバーラップしちゃいまして再び憤りがこみ上げてきそうというか、また熱を出しそうなので本日はここまでにしておきましょう。


 この辺はまた別の機会で取り上げたいなと思ってます。

 

 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。



別窓 | 住処海外 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
外国製の洗濯機はなぜ時間が掛かるの?
2013-11-12 Tue 06:07
ナマステ!


 もうそろそろ・・寝たいんですけど・・・・。 

  洗濯機さん・・・


    洗濯機さ~ん!


    まだ終わらないの?


  この前より入れた量が少ないのにどうして今日は10分も長いの?



   我が家の自動洗濯機は長くても30分台で終了しますが・・・。


    シンガポールで暮らしてたときも・・・備え付けの洗濯機は1時間半も掛かってたっけ。


     そんな意味じゃ・・・終了予定時間・・1時間10分・・つーのは早いのけ??


 仕事終えて・・


  買出しにスーパー寄って・・


   帰ってきて・・


    食事作って・・・・


       速攻でシャワーを浴びて・・・


         毎回ではあるけれど、床のこぼれ水をふき取って・・


           洗濯機を廻したのが・・10時丁度。


      明日に廻すとまた増えるから・・3日分の洗濯(土・日・月)を済ませたくて廻してしまったのだけど・・・

  
    
       でも・・10時半頃から・・睡魔が・・・。


    必死に堪えつつ・・メールやブログの返事を書いて・・・


      意味の判らないインド映画を見て・・


  やっとさっき終わりました。



    記事を書いてて・・



 一体どこぞの国のメーカーだ??と良く見てみれば・・・
LG-1
 

  うん???
LG-2



    LG--!?



  コリアンかい。



      話しかけても・・どうりで通じないわけだ・・・。



    ふん・・・。


      ま、そんなもんでしょ。 


  なんか・・眠気が冷めてしまった・・・・・。


    日本家電よ! 


      息を吹き返してくれ~~~!!




   でわでわ また



  そういえば・・日本の我が家は初雪が・・・ここカタールは日中の気温が11月になって30度台に下がって「涼しくなったね・・・」だと。 いい時にきたもんだ。

 ランキングに参加しています。 ポチっと押してランキングを覗いてみてくださったら嬉しいです。 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ 中東情報へ
にほんブログ村


 ご訪問ありがとうございました。 また遊びに来てくださいませ。


別窓 | 住処海外 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで | NEXT>>
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。