あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Water Chestnut ウォーターチェスナット・・という食べ物。
2017-11-30 Thu 10:04
ナマステ!



 今回は食の話。 外国に行くといろんな見たことも無い食べ物・・・野菜・果物に遭遇するけれど・・・


 今回のは見た目で・・「これは何だ??」っていうものです。


  名前はタイトルにあるWater Chestnut グーグル翻訳すれば”水栗”ということになるんだけど・・・


  この得体の知れない食べ物ともつかないものに遭遇したのは先々週の日曜日(19日)、近隣で一番大きな街(市)に行った時でした。


  車から通りすがりに一瞬流れた景色の中、山と積まれた怪しい黒い物体。 炭の塊? と、最初は思ったんだけど・・形が様々。 また別のところで今度は半分に切ったのが置いてあって、その中身はきれいな白だった。


   ただ残念なことに、車から通りすがりに見ていただけだったので、止まって撮ることが出来ずに、写真も無いので人に聞くことも出来なかった。


  で、帰ってきてネットで調べようと思ったんだが・・これが全然引っ掛からない。 インド、グジャラート、マーケット、黒い実、黒い芋、黒い食べ物・・・一切似た写真は無かった。


  あれを見たら好奇心旺盛な日本人なら結構飛びつく食べ物って言う気がしたんだけど・・・ブログでもだ~~れも記事にして無いようで・・・・この頃の人はローカルの食べ物なんかには興味を示さないのかな??って言う気もして・・これはいよいよ自分でまた探して、名前と料理法を聞かなくちゃ・・と思ったのです。


  で、既に記事にしたばかりの小さな街には果たして同じものが・・・・


    売ってました。
水栗 一番左にあるものです。

一番左の黒い物体です。



   もうちょい拡大して・・・
水栗 拡大写真ー1


   さらに拡大して・・・
水栗 拡大写真ー2

   なんだか炭を塗り固めたようでしょ?


   で、これを10ルピー分10個くらい買いまして、ホテルのレストランに持っていったら・・


   直ぐに名前と料理方法が判明したという訳です。


   で、名前はタイトル通りですが、ヒンドゥー語ではシンハラと呼ぶそうです。 でもシンハラで検索したけど出てこなかったんですが・・・。 多分聞き間違え? 


   でも Water Chestnutって入れたらちゃんと出てきました! 


   他の写真を見ると・・菱の仲間ですね。 日本の菱の実って食べられるの?って思うほど小さいのだけど・・ネットで見たらちゃんと食用に大きいのもあるみたいです。


  で、調理方法は至って簡単。


   5分程茹で上げて皮を剥いて中身を取り出して・・食べる!って言ったのを信じてやってみました。


   まず、2個だけ選んで・・・
厳選2個

    水洗いして・・湯沸かしポットに。
2個ほど

   どうか、ポットの中が真っ黒に変色しませんように!


   で、電源を入れて・・・沸騰して切れてまた1分後に入れて・・・また切れてっていうのを6~7回。 約10分ほど100℃のお湯の中に入れてみました。
10分後

   左程色は変わってなくてちょっと安心しました。 


   これを流水に晒しながら剥いてみたら・・意外と簡単、きれいに皮も取れて・・・


    中身が・・ストン!
皮むきました


    ちょっと食べてみました。 
ひしの実の実。

    シャキッとした歯ごたえが良かったっすね。 若干甘い。 


   ただ・・10分でよかったのかなぁ・・っていう感じはありましたが・・・。


  帰りの荷物がそれ程無かったら1キロくらい買って帰ってもいいかなって思ってます。 なかなか上級の食材って感じがします。


  ゆでて食べるだけじゃなくて他にもいろいろ使えそうな気がします。 サラダや中華やひしの実ご飯とか・・。


  市場には・・でももっと知らない嘘でしょ!っていう食べ物沢山あるんでしょうね。


  やっぱ・・・市場巡りです。


  でわでわ また


  追記: これを買った時、バナナも一緒に買ったんですが、同じ器に一種に入れられて買いました。 え?グラム単価一緒! 台秤はいくつか分銅が用意されてましたが、バランスを取るところまでやらずに・・・ビスルピア(20ルピー)と言われました。 ちょっと間があったのは我々に緊張してたのかとも取れましたが・・きっと外国人価格を載せた? 

 それにしても他にもいろんな野菜があったけど・・グラム単価は皆一緒だったのかな? ま、30円にガタガタ言いませんが・・ちょっと気になりました。 計算面倒だからきっと500gだったら50ルピーとかにして売ってるんだと思います。




ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます! 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


にほんブログ村
にほんブログ村    
http://asiantown.blog.fc2.com/

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





スポンサーサイト
別窓 |  食 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
豚バラベーコンの話。
2017-11-26 Sun 10:41
ナマステ!



 そー言えば・・インドの中でもイスラム教信者が多く、州の法律で禁酒になってるここグジャラート州なんですが、一応登録をすればお酒を買うことは出来て、われわれ日本人も全員登録して、貴重なアルコールを高い金を出して飲んでいる状況なのですが・・・


  それでも肉だけは買えません。 


 で、10月22日にいったん帰国してから11月6日に再訪するまでの約2週間の間に、豚バラベーコンやら、ショルダーベーコンやら鶏もも肉とかむね肉の燻製に勤しみ・・・
まとめて燻製




  その一部をこちらに持ってきたんですが・・・
真空パック完了


  本来なら豚肉は食べないことになってるイスラム教徒ですから、言ってみれば禁輸品かもしれないのです。


  が、インドに最初に到着するのはデリーですから、そこんところは問題ないんです。 ヒンドゥー教は牛を食べないだけですからね。


  で、そのあとこっそり?ここまで国内線で持ってくるわけなんですが、何故かカタールのような罪悪感は無くて、見つかったら鹿の肉だ‥くらい言っておけばいいだろ‥くらいに思ってました。 ま、今でもそーですが・・・。


  国内線の荷物検査なんて無いに等しく、出てきた荷物をそのまま各自受け取るだけで、無事にホテルまで持って来れたのですが・・・



   さて・・どーしたもんか・・・。 やっぱしベーコンは焼いて脂を落として香ばしくして食べたいわけで、


   そのまま食べても食べられないことはないけれども・・・更なる美味しさを引き出すことは出来ない・・・。



    でも・・・部屋は普通のホテルの部屋。  ヒーターは使えなくて、もちろんシンクも無いわけですので、一時期途方にくれたんですが・・・



   我が家でもやってるある方法を使えば焼ける!・・・ということを思い出して・・



   ローカルスタッフに行ってガスバーナーを買ってきてもらいました。


   日本製と違って自動点火ではないのでライターで着けるんですが・・・



    火の勢いは日本と一緒。 やや弱めにして表面が一部焦げてくるまで焼いてお終い。


    なんせ、火報が鳴ったらやばいですし・・・。


   
    少し薄切りにして・・炙ってみました。
バーナーで



   落ちる脂が半端ないので時々ボワ~~っと火の勢いが増すときはあるんですが、その辺は微妙に絶妙に?コントロールして・・・



   毎日豚肉を食べています。 



    酒もレストランでは飲むことが出来ずに部屋飲みになってしまうので、いつもH1、H2と3人でH2の部屋で飲んでまして、食事も部屋に持ってこさせて食べてます。



   そのベーコン類もあとわずかとなってしまいました・・・。 



   鶏のもも肉だけです。  大事に食べないと・・・とはいえ・・3~4日で無くなるんだろうなぁ・・。



    問題はそこから先です・・・。



   でわでわ また


 
  追記: 「あいやばばライフ」の方も更新しました。



ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます! 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


にほんブログ村
にほんブログ村    
http://asiantown.blog.fc2.com/

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



別窓 |  食 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
遂に報われました!
2017-11-25 Sat 10:43
ナマステ!


 以前の記事で、オムレツの話を書いたことがありましたが・・・


 やっと昨日の朝のオムレツでこれまでの努力が報われました。


 ここに至るまで、毎回説明を加えて・・とにかく、ソフトに・・だとか、焼き過ぎに注意・・だとか、・・ハーフとかの言葉は避けて説明してきたんだが・・・毎日観察するとどうもオムレツとか目玉焼き担当のコックが3人くらい居て、一人に折角教えても次のやつに伝達してなくて、また最初からっていう感じになってまして・・・実に根気の要るものだったんであります。


  このあいだも2回ほど自分でやって見せたんだけど、次にやらせてみると・・「おめーは一体どこを見てたんだよ!」って言うこともままあって、なかなか「いつものやつ!」で注文できないでいました。


  ここに至るのには実は一人のホテル側のスタッフというか、ウェイター長?の協力無しでは出来ないものがあって、で、そのウェイターさんは英語が通じますので、小生が毎回・・

  「これじゃ前と変わんないなぁ・・。」 「もうちょっと柔らかく」っていうのを幾度となく聞いていて、遂にはなんと・・まず彼の方から作り始めたんですね。  



  ウェーターがコックを差し置いて作っちゃうんですよ!


  で、その彼の横で、「そーそこで軽く掻き回してちょっと返して・・」とか「は~~い! そこで反転!」とかやってるうちに・・コツをつかみだして・・


  そいつが今度は・・オムレツとか目玉焼き担当のコックに実演してるんですよ。 


  コックは英語がほとんど通じないので小生がいくら説明しても叶わなかったんですが・・・


  ここ数日・・少しづつ腕を上げてきて・・なんとか柔らかさなら合格点を出せるところまで行きました。 
少しふくらみを持った半熟オムレツ


  かなり妥協はしてますが・・・26cmもあるフライパンでよく作ると思います。


  ほんとはもっと小さいフライパンの方が一人前の朝食用のオムレツ位なら作り易い気がするんだけど・・



   一応・・拡大版も。
半熟オムレツ拡大


   若干火が入り過ぎてるきらいはありますが・・以前のようにフライパン一杯に広げてただ半分に畳んだだけの”玉子焼き”とは違ってきてます。


    ちなみに以前のものは
以前のオムレツ

    あまり焦げもなく美味しそうに見えますが・・実は全く美味くない。


  半分にされて持ってきた物・・
半分にされただけのオムレツ


   思い出された方もいるかと思いますが、小生の戦いはここから始まりました・・。


  そうそう、ここには映っていませんが、先週の日曜日にマーケットに行った時インド製ですが醤油を買ってきまして・・ちょっと垂らして、いまはその味付けで食べてます。 テーブルに置いてある塩は穴が塞がってて満足に出てこないんですよ。 よくある事だと思いますが・・・そんなところからも朝食時にイライラが募る時もあったりして・・ここはちょっと味は違うけれどもインド製の醤油の方がまだまし・・という結論に至ってます。


   今後の課題として・・まだまだ形を整えるとか表面の焼き過ぎに注意するとかいろいろ改善の余地はありますが・・


    小生も素人なのでもっとプロの実技を動画とかで見ておかなくちゃ・・・とか思ってます。



   でわでわ また



ランキングに参加しています。 いずれか一つで結構ですので・・ポチっとしていただけましたら・・ブログの励みとなりますゆえ・・よろしくお願いもうしあげます! 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ


にほんブログ村
にほんブログ村    
http://asiantown.blog.fc2.com/

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。





  
別窓 |  食 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ジュースの話
2016-07-18 Mon 07:53
ナマステ!

ここんところ暑い日が続きますねぇ・・・といっても一年中なんですが・・・。

曇り空だとちょっとホッとして、雨降りがあるとひと息つけます。

それにしても暑いです。 今、働いてる現場の周りには臨時の?休憩所がオープンして、それぞれでいろんな飲み物やらお菓子を売ってます。 作業員は常時300人以上は入ってますから、それぞれが休憩中に何か飲み物や食べ物を買うとなると結構なお金が落ちます。 ちゃっかりしてると言えばそうですが、東南アジアはすべからくこんな感じです。 

休憩時間は10時と午後3時。 

現場内にもキャンティーンがあって、100人以上は座れる長椅子とテーブルが用意されてて、同じように飲み物と食べ物が用意されているんですが・・・風通しが悪くて座っているだけでも汗を掻く。

そんなわけで小生は現場の外の休憩所でもっぱら一休みをするんですが、ここんところ足繁く通ってるところがありまして・・


 それはどんなところかと言えば・・・


     こんなローラーの付いた機械を使います。
     圧搾機

    大きな滓はまずこの網で漉されます。


     して、全容は・・・
       圧搾機ー2
    ここまで見たら判っちゃいますよね。

   溜まったら、プラスチック容器に流れてくるようになってますが、ここには茶漉しが入ってまして、ここでも細かい滓が漉されて、100%ジュースとして容器に流れ込むという寸法。

  火を使ってるわけでもないのにすべてが黒光りして年季を感じさせます。 いいですねぇ、こーゆー道具ってのは。

   基本的には何でも絞れるんだと思いますが・・・大概は・・・これ。

    原料のさとうきび   
    そう。  さとうきびを絞る機械なんです。

    本州の人は多分さとうきびを見たこともないから判らないかもしれませんが、沖縄・奄美の方なら最初の写真でピンと来てるはずですね。たぶん。

 丸のまま一本だとちょっと分厚すぎるようで、これを半分とか3分の一に薄くして差し込みまして、
     絞り作業
 出てきたものを今度は二つ折りにしてまた突っ込み、最後にもう一回突っ込んでこれでもかっていうくらいまで絞り出します。
 

 見た感じでは1回目で7割。 2回目で2割。 3回目で5%・・・・ということは残りは5%ですが、4回目で・・・って、そこまではやらない。 非効率なんでしょうね。 動力はエンジンですから、無駄な燃料は使わない!っていう感じです。 

   で、溜まったら、別の器に移す。
     搾り汁を移す

    で、これを客に出すときは・・先にコップに氷を入れて・・なみなみ注ぐ。
     氷を入れて搾り汁を入れて・・完
   で、蓋をしてストローを差し込んで・・・


     さとうきびジュース-1    

    へい! お待ち!ってとこでしょうか。 写真は少し飲んじゃいましたが・・。


    これが、カラカラの喉を潤し、適度な糖分補給にうってつけの飲み物なんです。

   べたつく甘さはないし、サトウキビジュースを見直しました。


   もう、20年以上も前になるでしょうか? ネパールのビラトナガル(ネパール第2の都市・東ネパールの中心都市)だったか・・。初めてさとうきびジュースを見たとき・・・

  大きな歯車の付いた手回しの圧搾機だったんですが・・・

   おびただしい・・も限界を超えたハエが群がってて・・うっかりしたらドジなハエまでが潰されていたんじゃないかって思える・・・・超安かったとはいえ・・とても手にして飲めるものじゃなかった記憶がありました。 その当時氷などありませんでしたから、生ぬるいジュースだったわけです。

   だいたい、出されるコップも・・どこで、どの水で洗ったの??っていうくらい・・口をつけるのがはばかられる・・・そんな感じでした。・・ネパールも初めて行った時で、着いてから数日後のことでけっこう見るもの聞くものカルチャーショックに打ちのめされてた時です。 

 あれからネパールで、まさかの足掛け18年、通算10年以上の仕事をする羽目になるとは思いませんでしたが、ま最初はそんなものです。


  そんなトラウマもいつしか解消されました。


   あれから20数年。 ハエは群がっていましたが、せいぜい2~30匹。 気に掛けるほどのものじゃありません。


   なかなかいいですよ。 街で売ってるペットボトルに入った滅茶苦茶甘いジュースよりこっちのほうが数倍美味い!  氷も下痢をしないところを見ると、ちゃんとした水で作ってある・・気がします。  

   この店だけしかサトウキビジュースは売ってなくて、けっこう作業員で一杯になってます。

  ただ、小生がちょっと早い時間に行って座って飲んでると、皆敬遠して他の店に行っちゃうので(たぶん嫌われているか、恐れをなしてる・・?)営業妨害になっちゃいけないと思い、皆が仕事中にこっそりやってきてこっそり飲んでこっそり帰る・・。 変なところに気を遣っちゃってます。


   でわでわ また

 追伸: あいやばばライフも更新しました。
      
  


別窓 |  食 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
貝の話・・その3
2016-05-08 Sun 14:26
ナマステ!

 貝の話と言っても、前回と同じハマグリもどきの話です。

 この辺のスーパーでこのハマグリともアサリともつかないハマグリもどきの貝を扱っているのはお隣のスーパーだけらしくて、先日賑々しくオープンしたAEONコタバル店でも扱っていなかった。

 そうなると、ますます貴重な貝に思えてきて、今でも週に1~2回は貝料理です。 正直なところお隣のスーパーで褒められるのはこの貝を取り扱ってる!っていう一点だけです。 他は野菜にしろ魚・肉にしろとてもじゃないけど褒められる商品はありません。

 今では500~700gを一袋にして常時2~3袋は冷凍庫に保存してあります。 毎日置いてあるっていうものじゃないので、ある時に買っておく・・っていう方法を取ってます。
      貝の冷凍保存


 この貝料理でやっぱり一番多いのは吸い物ですが・・・たまに酒蒸し・・
      酒蒸し

      そして、たまにですが・・ボンゴレスパゲッティも。
      ボンゴレスパゲッティ

      その美味しさに・・たまらず・・
       完食です!


       完食です!


     ひところこれは美味いと買っていたシジミはもう買わなくなりました・・・・。


     なぜか・・グラム単価で言ったら圧倒的にこのハマグリもどきの方が安いのです。 


       そして・・いいダシも出てうまい!


      日本はだいたいこの手の貝が出回るのは春が多いですが・・・ここはどうなんでしょう?


       一年中出回ってくれたら嬉しいのですが・・・せめてあと3カ月・・・。


      先日開店したばかりのイオンに行って来たら魚が美味しそうでした。 


      ただこの宿舎からだと若干遠い・・・。 歩いたら片道30分ちょっと。 炎天下ではちょっと辛いものが・・。


     例え車で行っても渋滞で行き帰りが大変・・・。 チャリンコが一番いいのだが・・今からそのために買うのも馬鹿馬鹿しい・・・。


      仕方ない・・・・。 まだまだお隣のスーパーにはお世話になりそうです。


    でわでわ また
    


    追伸: 「あいやばばライフ」の方もアップしました。



別窓 |  食 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで | NEXT>>
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。