あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
お土産の民芸品店を訪ねて・・。
2013-07-27 Sat 17:15
ナマステ!

 本日、最後のインドネシア滞在日です。 

 夜行便なので、午前中お土産用として頼まれていた民芸品を買いに行きました。

 民芸品といっても本日のターゲットは・・・ただのカゴです。

 当初は、そーゆーお土産だったらプラザインドネシアに行けば? というアドバイスを受けたのだけど・・またまた先週行った宝石センターを教えてくれたKさんに聞いたら

 「30分ちょっと歩けばかなり大きい民芸品屋さんがあるよ」というのでそっちに行ってみた。

 今居る場所から多分3キロ程。 日差しはきつかったけれど、街路樹とビル群で歩道は八割方影が出来ていてそこそこ暑さは凌げました。 歩道は相変わらず歩き難いけれど・・・。

 ジャカルタ中心部を横切るハイウェイを跨ぐ歩道橋から・・
中央ハイウェイ
 中央に見えるドームあたりが目的地。


 40分で到着。
UKM ギャラリー
UKM ギャラリー・・がその民芸品を扱っているビル。

 その横にあったセブンーイレブンには外にテーブルが出されていて、パラソルの下、何人かが涼を取っていました。
 テラスのある7-11
小生もここで一服です。

 さて・・店内に入ってみると・・

ジュエリーコーナー
 まずジュエリーコーナー。 先日行った銀の指輪じゃなくて、良く見慣れた指輪やネックレスが・・。 金、プラチナ、ダイヤ、真珠・・・。 買う素振りも見せることなくただ通り過ぎただけでした。

 細君からは竹や籐のカゴを依頼されていたので2階に上がってみたら・・家具や木彫りの民芸品。
木工ー1

木工ー2


 一番気に入った椅子とテーブルがこれ。
木工ー3
 どうやら廃屋?とかの材料で作ってあったものです。 見かけは無骨ですが、デッキに置くならこんなのでいい!・・と思う。 そういえば値段を見てこなかった・・。 持って帰れない大きさなので・・。

 と・・ここまで写真を撮っていたら店員がやってきて・・

 「申し訳ないが、写真撮影は禁止ですので・・・」と言われてしまった。

 こんな店で禁止とは・・?? 

 別のエリアで撮ったカゴ屋さんです。 専門店らしいけれど・・まだ店員さんが来てなくて開いてなかった。
カゴ屋

 ここでは5千円位しか遣わなかったけれど、4・5点カゴを買ってきました。カゴ類
ダンボール箱を用意してもらって入れてもらいましたが・・まだ隙が・・

 で、更に上の階に行ったら・・別の小物が・・
木工ー4
 マッサージ用品と調理用のへらとかお玉。 これ全部で250円。 使う・使わない・・使えない?は別として飾りくらいには・・・。

 総じて・・・この手の買い物をするんだったら・・安い。 品質はまあまあ。 衣類や布製品もいろいろありました。

 是非ジャカルタに来た際はUKMギャラリーへ・・・と宣伝するつもりはなかったけれど・・お勧めです。


 さてもう一眠りして・・チェックアウトです。


 次回からはまた「あいやばばライフ」に戻ります。


 でわでわ また



 
スポンサーサイト
別窓 | インドネシアのこと | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
どろぼー市場は楽しい。
2013-07-22 Mon 03:25
ナマステ!

 超忙しかった今月。 一区切りついて、休みをもらったら2日もいただきました。

 さて、どう過ごすべ? と思っていたら・・・とある方から

 「ジャカルタの宝石センターに行ってみたら? なかなか面白いよ」と。

 場所を確認して地図を片手に出発。 距離にして片道約6~7キロ。 1時間半の散歩です。

 ホテルでもらった地図にはホテルと大きなショッピングモールくらいしか載ってないので、行くまでにはストリート名と行き先案内が頼り。 銀行ビルとかコンビニなんて載ってないのでしばらく何も情報が無いと若干不安にはなるが、線路や川に出くわして行き先が間違ってないことを確認しつつ足を運ぶ。

 てくてく歩いているといろんなジャカルタの風景が見えてきます。

 歩道橋から

途中の墓地
 墓地です。 けっこう広いです。 中には売店もありました。

一応複線化に
 あとで電車を見ましたが、意外と普通。自動ドアでしたし・・。 

バジャイと呼ばれる三輪タクシー
 このバジャイと呼ばれるオート三輪タクシーにはまだ乗ったことはありません。 これからも乗らないと思います。 既に文明の異物遺物と化している気も。 これだけ車が増えるとジャカルタではちょっと安心して乗れそうにもありません。


 路肩にはところどころこのように店が立ち並びます。 
アクセサリー小物の屋台

野菜とか

 でもやり方が強引なところも。
街路樹に釘を打って・・
 毎回同じところに店を出すとはいえ・・木がちょっと可哀想でないかい?


 と、こんなところを通過して・・いよいよ目的地のJAKALTA JEMS CENTER(ジャカルタ ジェムズ センター)のあるJATINEGARE(ジャティネガラ)駅近くまで来た時に怪しい露天商を発見。

 ・・・不思議な胸騒ぎを感じる界隈に来た~~・・・・という感じ。

どろぼー市場ー1
 それぞれの店に特色はあまりありません。脈絡の無い中古品が並びます。どろぼーっていうより拾ってきた・・っていう代物ばかり。

どろぼー市場ー2
 扇風機にCD、ホイールカバー・・・・こーゆーところはそれを追及しちゃいけないのはわかるけど・・

どろぼー市場ー3
 ここは歯科医が使う道具、手錠、使用目的のわからない物等々・・ここもごっちゃまぜです。

どろぼー市場ー4
 外国コインを売ってました。 中央に1円玉が見えます。 ちなみに値段を聞いたらここは4円でした。 他の店では50円。 多分今でも使えるものばかりだと思いますが・・値段を聞いて買う人いるかな? 

 ただ、この1円をジャカルタに持ってくるには少なくても飛行機代は掛かってる。 そうなると4円では安いということになるけれど・・・どうせスリでもやって得た物でしょうし・・。 無駄な想像はやめましょう。


 少し歩くと屋根付きの狭い通りになります。 この辺にくると、少し店に特色が出て来始めます。
どろぼー市場ー5

 工具屋さんです。 でも真ん中の箱の中は折れたドリルとかばかり。
どろぼー市場ー6

 こちらも工具屋です。 新品も売ってましたが、使い古しの舐めたスパナも立派な商品になってました。
どろぼー市場ー7

 宝石センター近くでしたが宝石と原石を売ってました。
どろぼー市場ー8
 原石はほとんどがカットされたあとの切れ端です。 それでも磨けば・・・??ってとこなんでしょうか?


 ふたたび露天で売ってた店です。 このような店はとにかく何でもいいから並べてる感じで、正直・・こんな店を巡るのが小生は楽しい。 
どろぼー市場ー9
 サルノコシカケやら椰子の実の皮、電動工具に絵に茶碗、花瓶類。 ここのオヤジはどうやって集めたのか? これらを並べている根拠は?? 店主?は居なかったが・・商売ッ気があるやら無いやら??

どろぼー市場ー10
 ・・・商品ではありません。 この界隈で生まれてきた赤ちゃんです。 逞しく育つ・・・と思う。


 そしてこの店?も露天。 どろぼー小路界隈で屋根を与えられて無い店です。
どろぼー市場ー11
 使い古しの靴ですが・・・もうよれよれですよ。 いまにも臭いがしてきそうな靴ばかり。 でも・・置いてある・・ということは買う人が居る? 靴紐の無いのもあるし・・靴紐の方が高い気がしますが・・


 この辺を歩くと物の価値観の定義って無い!ということがわかりました。

 形あるものはゴミじゃないってことですね。 小生もある意味同感です。 だから棄てられずにどんどん溜まる。 細君は角を立てるが・・・。


 宝石センターまで目と鼻の先まで来ているのに、このどろぼー市場界隈で1時間半も潰してしまった。

 最終目的地である宝石センターなどは実際どーでもよくなっていたんですが・・・せっかく来たんだし・・一応中を見て廻りました。

 入り口です。
JAKALTA JEMS CENTER

 中は広いです。 ここまでのジュエリーセンターを見たことはありません。 多分数百の店が入ってます。
あふれかえる人・人・人

 一番多かった指環屋です。 もちろん石も別売りしてまして、空の指環と組み合わせて即日石を留めて磨いて売る・・というやり方です。
指輪屋

 ネックレス屋も沢山ありました。
ネックレス屋

 腕輪とかブローチ専門の店も・・
腕輪屋

 あまりに広過ぎて・・・歩けど歩けど宝石店・・・食傷気味・・。

 買ったものを仕上げてくれるところもありました。
加工屋さん。

 宝石好きにはきっと飽きないのでしょうが・・・でも不思議なのは男性が多かったってことでしょうか。 みなプレゼントにでもするのかな?・・・その点見習わないといけませんが・・

 どろぼー市場でかなり疲れたので、そこは結局さっさと出てきてしまった。

 帰りはタクシーで帰ろうと思ったら・・外は雨。 しかも土砂降り。 タクシーを止めようと表に出ることさえ憚られる大雨。

 4~50分、ラマダン(断食)で誰も居ない食堂で降り止むのを待ったが・・まだまだ強い降り。
結局そこにじっと佇んでいるのもなんだし・・・数軒先で傘を売ってるっていうんで、そこで傘を買って通りに出てみた。 

 でもタクシーはどれも人を乗せてるようで一台も止まってくれない・・・。

 で、諦めて歩いて家路に・・。

 帰りに踏切まできたら・・幸運にも電車が来た。
電車が来た
 何分置きに出るのかわからないけど・・嬉しい偶然。 

 無事ホテルに到着したら・・2万歩を若干超えていた。 小生のは有効歩数しかカウントしないので実際は2万1~2千歩?

 よく歩いたなぁ。 でも不思議と肉体的疲れは感じなかった。


 この国には体力づくりに来た・・・ようなものか・・。


 でわでわ また


別窓 | インドネシアのこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
疲れる発展途上国人・・やる気あんのか?
2013-06-09 Sun 17:49
ナマステ!

 本日お休み。 なんとなく外に出かける気力が起きない。 というのも夕食をフィリピン人の友人から誘われているので、昼間からクソ暑い街中に出る気がないのである。 一日一回外に出れば十分だろう・・毎日仕事で大汗掻いているんだし・・・っていうことである。

 ここんところブログの更新も滞って・・外にも出ないでネタも無い。 

 今回は写真無しで、久々に駄文のみで綴ってみるべか・・と思っています。 

 テレビでは女子のNHK杯体操の演技をやっている。 

 ・・・高校生だというが、あいかわらず童顔で色気のイの字も無い子達が大胆な技を出している。 

 田中理恵ちゃん・・居ないね? 怪我? ちょっと寂しいが、若い彼女達を何気なく見ててちょっと感心したことがある。

 一昔前に比べたら・・・スタイルだけは格段によくなった。

 相変わらず胸はないが・・手足が長くなっているよねぇ。 身長140cm台がほとんどかもしれないけれど、傍目にはもっとあるように見える。

 で、誰が優勝したんだ?


 って、別にこんなことを書いてブログを更新するつもりじゃなかったんだが・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 現場事務所横に喫煙所があるのですが、工事が進むにあたって移動を余儀なくされた。

 もともと簡単に作られた小学生の工作レベルの出来だった喫煙所だが・・その材料を丸々使って、また別の場所に建て直された。

 ところが・・・屋根の波板・・至るところに穴が開いている。 強引に引き離した感じで、大穴が数十箇所も。

 もともとちゃんとした部材で波板を固定したわけじゃなく、釘で直接打ちつけてあったので強引に引き剥がさないことには波板を回収できなかったのであるが、波の低いところで釘を打っていたし、同じところに例え釘を打ったにしても、穴の方が大きいから固定も出来ない。 で、少しずらして受けの木材に打ってるから大穴が沢山空いている・・という状況になっているのである。

 当然大雨が降ると・・・何のための屋根なのか判らないことになってて、下にいても雨にたたられるということになっている。

 じゃぁそんな穴簡単にガムテープでもいいから塞げば? ・・と思うのだが、一度仕事が完了したら・・もうやらない。 

 みんな不平を言ってっても誰もそれをしない。 

 大風が吹いたら簡単に吹き飛ばされる喫煙所だが・・あとせいぜい2ヶ月の命。 雨もスコールだからそんなに深く考えることも無いでしょ!っていう考えが見え見え。

 ・・・・・・・

 発展途上国。 ネパールもインドも一緒だ。 これじゃ駄目だと判っていながら・・・その実は、日除けになって、ここでタバコが吸えるのなら・・役目としてそれで十分でしょ! 日本人ってせっかちな国民だなぁ・・

 多分彼らはそう思っている筈です。 

 もっといいものを!っていうことを考えない。 

 そもそも『いいもの』っていう概念が湧かないのだと思う。 雨は漏れるけど、その時間タバコを吸わなきゃいいだけだし・・

 そこに日除けの屋根があるだけで、もう有難味を感じているだけの連中ですから・・柱が曲がっていようと椅子がガタガタしようと、大雨が降ると地面にまで水溜りが出来ようと・・十分満足な施設なのである。

 こーゆー連中を相手に仕事の質の向上を話したところで、聞いてる振りして全然聞いて無いし・・虚しい努力をしているに過ぎない。 

 人類は確実に進歩している・・と思ってはいるのだが・・・こーゆー向上心のない連中ばかりの国に現代文明を持ち込んじゃいけないよなぁ・・・と思うのである。

 屋根に穴が開いてても平気な連中なんだから。 

・・・・・・・・・・・・・

 文明というなんとなく漠然としたものに初めて接したのはアルジェリアで仕事をしていた時で、時々息抜きに国内旅行をしていました。 今から30数年前の話です。

 数百キロ・・荒涼とした、石ころと乾燥した草だけのほぼ真っ平(土漠と呼んでました。)で360度地平線の大地・・・下痢で野グソするにも真っ平過ぎて身を隠す場所が無く・・已む無くお尻に力をこめながら200mほど我慢して走ってズボンを下ろす。 若い時分だったし、まだ堪える筋力があったから良かったですが、この年だったら・・きっと無理。 

 そんな大地を車で走ってて・・突然クレーターのように窪んだ大地が現れて、そこに町が出現する。 例のオアシスであります。 まさしくそこは川が流れて(何処から来てどこに行く?)、小魚もいたり、バナナやナツメヤシの木が一杯あって、数千人、数万人が暮らす街が出現する。 
 そのときは・・「こんなに住んでて・・この街の産業は何なんだ?・・」とかは深く考えなかったけれども、遊牧民やら砂漠といえども”道”はあるわけで、交通の要衝だったりしてたわけであります。

 そーゆー”果て”の無さそうなその先に不毛の砂漠が出現する。 サハラグレートデザート。

 地球は広い。 こんなところがあるんだ・・。 と、自然の風景に感心しながら車に揺られたりして楽しい時を過ごさせてくれたアルジェリア時代でしたが・・・アルジェリアには他に世界遺産が沢山ありまして・・

 そのひとつが、ローマ時代の遺跡「ティムガット(←クリックしてWikipedia)であります。

 ここは2回ほど行きましたが、その当時はまだ世界遺産に登録されてはおらず、訪問者も我々以外数人程度。 

 世界遺産そのものも日本じゃあまり関心が無かった頃だと思いますが、それは紀元後直ぐに建設された2000年近く前の遺跡なんですが・・ローマ時代ってすごい文明があったんだなぁってつくづく。 サウナにスパ、コロッセウム、凱旋門に住居、下水道、上水道、水洗便所・・etcまで。 

 東南アジア、ネパール・インドも含めて、これらの国じゃ今でも無い施設、設備が街として整っていたなんて・・信じられませんでしたよ。 日本だって下水道の普及率は100%じゃないですもんね。

 ローマの衰退、イスラムの台頭とともに滅んでしまったけれど、その建築土木の技術の高さを目の当たりにして衝撃でした。

 で、ベルベル人(現地人)はその遺跡の横に拾ってきた木で簡素な家?・・掘っ立て小屋ですね・・・それを作って住んでいる。 

 このギャップに・・2000年経って・・何これ? 文明が後退してる!と思いました。

 そんな意味、ここもそのベルベル人とたいして変わらないですよ。 

 ま、このような国があるから、日本を始め欧米各国は援助をして、教育水準を上げて、質の良い労働力を作り、企業が進出出来てるわけですが・・日本人と同じようなとはいわないけれど・・・それなりの水準まで上げていくには・・何か足りない。

 固定電話も普及しない間にいきなりスマホが使えるような環境にしてしまうのはよくないんですよ。 本当は。

 チンパンジーのアイコが地道に言葉とか意味を理解して次の世代にその遺伝子を残していって、人に近い能力が現れるかどうか・・というような・・ちょっと大袈裟ですが・・そのようなステップを踏んで学んでいかないといけないんですよ。 

 今、デジタル世代になって答えを引き出すのはあっという間。 携帯なんていうものが出来てから小生ますます電話嫌いになってしまった。 便利っちゃー便利だけど・・プライベートな時間に会社から電話を受けるなんて否でしょ。

 ま、ここではそーゆーことを言ってるわけではなくて、結論を引き出すのに、いろいろ考えて苦労をして得ていた物が、操作を覚えれば誰でも同じ答えを導ける。 物事を見極めるのに経験とかアプローチ無しでいきなり結果っていうのが許せないんですね。 ですから職人さんの世界って惹き付けられるんです。  

 アナログ的人間も育てないといけないです。 経験上いろいろ失敗してきたりして、ちゃんとした「駄目」な理由を認識してきて結果を導いてきた人は、色んな場面に遭遇してきた時に色んな駒を持って対処できます・・が、それを経験してこないと、ただパニックに陥るだけですもんね。

 欧米の国では1+1は2・・という教育方法じゃなくて、2という答えを作るためには?という方法で数学を教えています。 ですから、答えは無限。 0.5+1.5でもいいし、10÷5でもいいわけです。

 アプローチのほうを大事にしてるわけです。 想像力もあって数学も楽しくなる。 天の邪鬼と言われた小生向きです。 だから小生・・数学と英語はずっと2だったんですけど・・。

 話が脱線して来ましたが、インドネシア人たちよ! 頼むからもっと考えて・・真面目に取り組んで・・・!。


 支離滅裂・・・。


 でわでわ また


 何にも写真がないんじゃ寂しいので・・ちょっと珍しい?花を。
ヒメイズイ
 ヒメイズイです。 海岸にあるものはすごく小さくて(10cm前後)健気ですが、内陸の林とかだと結構(2~30cm)大きくなります。

 ランキングに参加しています。 皆さんの後押しが更新の励みになります。 
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。



  
別窓 | インドネシアのこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
韓国製品を買う。
2013-05-11 Sat 01:42
ナマステ!

 今居るホテルから過ぎ近くに出来たショッピングセンター。 

 で、その中にあるロッテマートは生鮮食料品から電化製品まで売っている総合マーッケットであります。
 
 やはり韓国製品が目に付くのでありますが、まさかこんなものにまでというのが次の商品。

 
 爪切りと鼻毛切り。

 今回の荷物に入れてくるのを忘れてしまったのでありまして、膨大にある商品の中から探すの大変なので、店員に聞いたら・・・女性のコスメ商品のところに連れて行かれました。

 分厚いビニールの袋に入れられて売ってましたが・・
爪切り
値段も決して安くない。 日本で買うなら高く無い値段なのでしょうけど・・・

87,900・・などと定価がついていると・・えっ?っと一瞬思ってしまう。 1円が100ルピアと換算すると・・879円なのです。

 これはここで売っていた爪切りの中で一番高かった。 他にもあったのだけど、巾が1cmに満たないのが主流で12ミリものを発見した時はちょっと小躍りしそうになった。

 ただ・・ここは化粧道具も置いてあった場所で、細君が使う筆やら、つけ睫に使うへんてこな鋏?や道具なんですが・・・我に返ったときは・・すぐさまそこを離れましたが・・・ちょっと怪しい日本人に見られたかもしれません。 

 この爪切りはちょっと変わっていて、角度が変えられるんです。 
爪切りー2
このように90度でも45度でも好きな角度に変えられる。

 だからどうなんだってってことですが・・・やはり切る時は普通の角度で使いました。

 裏を見たら「・・・・KOREA」の文字。 

 そして、鼻毛きり。 安全バサミと銘打ってましたが・・。 
鼻毛きり
 日本の誇る「貝印」製品に引けをとらないものでした。 外観からみると・・100%パクリなんですけど・・。 

 爪切りも含めて、問題の切れ味も及第点・・というより満足のいくものでした。 これじゃぁ高い日本製品・・売れないよなぁ。

 でも爪は飛ぶし、やすりも付いてないのがマイナスポイント。 デザイン重視かな。 車と同じで、外観は日本車と変わらない曲線を使った今時のデザインだけど・・ダッシュボードあたりの計器類のチンケさ、シートの安っぽさといったらない・・のと似てるかも。 

 全然関係ないけど・・・この店に入って、興味本位かどうかインドネシア人に「韓国人か?」と聞かれるのにはちょっと不愉快だった。

 10年前はそーゆーことはあまりなかったんだけどねぇ。

 こーゆー地元製品?も・・格安で売ってました。
包丁とスプーン
 100円以下ですが、この国では自分の中ではこの程度の品質に取り囲まれている方がけっこう安心します。


 でわでわ また



 ランキングに参加しています。 皆さんの後押しが更新の励みになります。 
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


別窓 | インドネシアのこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
なんとかならんか交通事情・・。
2013-05-09 Thu 01:41
ナマステ!

 毎日毎日1時間以上掛けて、建設現場まで車に揺られて行きます。 そのほとんどの時間・・貴重な睡眠を取るのですが、たまに強烈な渋滞に巻き込まれてしまいます。

 今日はいつもより1時間も余計に掛かってしまいました。 1時間半で帰ってくるところ2時間半も掛かりました。 

 帰宅は10時前。 それでも一緒に仕事をしている仲間内では早い帰宅組です。 まだ新参者?なのでお情けを貰ってますが・・・。 そのうち泥沼に・・・。

 それでも自分としては全然自分の時間が取れてないと感じてます。 

 お陰様で?・・・ブログアップする時間が取れな~~い!

 帰ってから速攻でシャワーを浴びて、買い込んであるパンやらハムで軽い夜食を摂って・・パソコンに向かうのですが・・もう11時近くになってしまいました・・・。

 幸い、ホテルではNHKプレミアムという海外向け番組が見られるので、ちょっとは気楽になりますが、もうあと2時間はゆっくり出来る時間が作れたらいいのだけどなぁ。

 往復の通勤に3時間から4時間も費やすってやはり小生にとっては異常ですね。

 片道せいぜい30分が理想ですよ。

 東京など大都会で働く人って、かなりの人が通勤に1時間以上掛けていると思うけれど、小生には無理です。 そんなに掛かるなら近場で仕事を探します。

 だから・・今の環境・・けっこう苦痛です。

 現場近くに代えてもいいかなと思ってます・・。 

 ただ・・・何にも無いところらしいです・・。 自然はあるでしょうが・・。 

 買出しに難儀するから・・・一長一短。 悩むなぁ。

 ジャカルタ・・・いや、この国の交通システムに怒りをぶつけたいですよ。 なんでこの国だけへんてこりんなんだろう。  と言ったってこの国に住んでみないと判らないと思いますが・・・

 ここは日本と同じ左側通行ですが、バスレーンが中央にあるって不自然でしょ? 中央分離帯に停留所があるんですよ。この国は。

 そして、交差点が異常に少ない。 細い道が大通りにぶつかって、その大通りを横切って、例えば向かいのレストランまで行きた~~い!・・・と思っても・・横切れない。 一旦左折して・・500mや1kmはたまた2kmも走って、Uターン可能な場所まで行って折り返してこないとお目当てのレストランにまで来れない。 

 50m先にあるレストランに行くのに4kmも走ってこないとたどり着けないって・・・おかしっしょ!

 要は・・・信号が極端に少ない。 あっても3分待ちだし・・・。

 この国はそんなわけで・・・無駄にガソリンを消費してるんですよ。 ついでに言うなら・・人間は体力を消耗するし・・・皆の怒りは増長するし・・・

  戦争は起きてませんが・・平安を感じられない・・・・国? かもですね。

 あっ!そろそろ時間です。 寝なくっちゃ。 朝は5時起きだし・・・。


 でわでわ また



ランキングに参加しています。 皆さんの後押しが更新の励みになります。 
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


別窓 | インドネシアのこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで | NEXT>>
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析