あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
パシュパティの怪人
2011-06-03 Fri 22:25
ナマステ!

 今回は・・宗教の時間ですよ~。

 ネパールに行ったことのある人なら恐らく立ち寄っていると思われるのがパシュパティナート。

 ナートとは寺院のことなのである。 ボダナート、スワヤンブーナートが他では有名。

 この寺はヒンドゥー教の聖地で、カトマンズ市民は死んだら皆ここに来る。

    パシュパティ火葬場 パシュパティナート
    上:パシュパティ火葬場 右:パシュパティナート
    
 Wikipediaとか「地球の歩き方 ネパール」により詳しく載っています。




 さて、ネパールの西から東まで何十往復と行き来してきて、度々会うのがサードゥーという行者さん(業者さんではありません)で、顔にペイントを施し、黙々と行脚している人達です。

 今日のテーマはこのサードゥーさんたちです。 

 カースト的には恐らく一番上になるんでしょうね。僧ですから。・・そうなんでしょう。 どうみても手塚治先生の「ブッダ」に出てくるバラモン教徒そのものですものねぇ。

 俗世間から抜けて苦行を続け、遠い聖人?への道のりを歩く決断をした人達です。

 ヒンドゥー教の前にあった?バラモン教ですから、もう3000年以上も綿々とそのスタイルを崩さず受け継がれて、今でも存在するんですねぇ・・・これはえらいこってす。

 でも実際に接してみると、写真を撮るなら金よこせ!・・同情するなら金をくれ!・・似てる・・とか結構要求は強いんですよ。 基本的に彼らは托鉢によって生きているわけで、お金もらったからと言って

 ・・一体どうつかうんだよ~・・!  

 基本線を逸脱してほしくないわけですよ。 こちらとしては。 イメージ台無しじゃぁないですか。 

 顔と身体を白く塗って、おでこから鼻に掛けてペイントして、頭はボサボサ、黄色い布もよれよれ、それで杖ついて供物を頂戴する。 これがサードゥーだとばっかし思ってたしねぇ。 店に寄って、金払ってジュースかコーラなんか飲んでたら許せない。 ま、それは実際見たこと無いが・・・もらったお金・・どう使うん?

 で、パシュパティナート。 ここにも沢山のサードゥーが生活してます。 彼らも金銭を要求します。 彼らは寺院に納めるんですかねぇ。 

 まぁここのサードゥー達も迫力あります。 実年齢が良くわからないけど、見た感じは・・・60オーバー?

    サードゥー  サードゥートリオ
    上:Mr.サードゥー 右:トリオ ザ サードゥ


    ハヌマン神(サルの神様)  サルそのもの    
    上:ハヌマン神(彼らも最後はこうなって?・・右:こうなる。)


 ただ、彼らは俗世間を離れた時から死者扱い(この世にいないものとして・・らしい・・だから歳は取らない? これも言ってみれば生き神様なんだよねぇ。 死んでるけど生きてる?!?・・死神と言われるよりはいいですもんね。

 ただ、ヒンドゥ教は生き神様も含めて何から何まで神様が居るらしい。 200万からの神様が存在しますからねぇ。 トイレの神様? 当然居ますでしょ。 私的にはガネーシャ様好きですね。 象の頭にされてしまったという神様。 片牙が折れているのですが、ネパールあたりまで来るとそれが右だったり左だったり・・・折れてないのもあったり。 実に曖昧になっているのがそれまた面白い。


  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ここだけの話ですが・・・アダルトブログじゃないのにこんなの書いていいのかどうか・・・。

 年に一度、パシュパティ詣でのお祭りがあるんですが、その時にツワモノのサードゥーが来るんだそうで。

 彼は何でも男のシンボルに紐を縛り10キロの石を持ち上げ・・・尚且つ・・振り回す! 

 どひゃ~~!?!  谷隼人も逆立ちしたってかないっこありません。  

 嘘か誠か判りません。 でも残念ながら、そこの演舞場?はヒンドゥー教徒以外中に入れないのです。

 見たくても見られない・・・でもヒンドゥー教の婦女子はOK それを見られるんです。 しかもかぶりつきで。 あら羨ましい。  

 ただねぇ、亭主が可哀想。 その晩は・・

 「あ~た、なんてだらしないのっ!稼ぎは少ないわ、元気はないわ・・・サードゥになるかい?」

 素朴な疑問だが、あそこは鍛えられね~べさ? 

 中国3000年もすごいがインド4000年も半端じゃありませんね。 あっ?中国って5000年? 何か間違えるとすぐ寄って集って攻めるからねぇ。言動に気をつけないと。 あの国は。 

 でわでわ また
スポンサーサイト
別窓 | インドのこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
サイババさん
2011-06-01 Wed 23:05
ナマステ!

 今回はサイババさんがテーマです。

 先日、サイババ二世さんが亡くなりましたよね。 ご冥福をお祈りいたします。

 私としてはどうしてもイメージが、かの巨人「アンドレ・ザ・ジャイアント」と結びついてとても信者にはなれそうも無いのですが・・。 ボディガードなら話は別ですが・・・それはさておいて、

 なぜ”さん”付けで呼ぶかと言うと偉い人だからです。

 この世に灰を売ってお金儲け 失礼、浄財集めてるのはサイババさんくらいなものですよねぇ。

 炭や薪、石炭を売ってお金にするというなら判りますが、灰ですよ、灰、・・・はい。

 そうそう、サイババさんの資産はいくらあるのか見当がつかないらしいですが、基本的にすべて寄付するらしいです。 ご本人は質素な生活そのものだった・・らしいです。 信者が灰を買って、そのお金で色々なところに寄付したり何かを作ったりして社会に貢献しているのです。ドネーションも24時間テレビの比じゃないわけです。信者その数、1千万。 インドじゃたいしたこと無い人口比率かもしれませんが、彼らが年間100円寄付しただけで十億になるんです。いくらお金が無いといっても恐らく1000円以上はお気持ち代を払ってるでしょうから・・・ 百数十億? いやぁもっともっと。

 そもそも彼はインド人ですが、ここネパールにも数多くの信者がいまして、うちのスタッフもその一人です。

 2.3年前ですがインドまで行って灰を買ってきたらしいです。 今でも大事にしているらしいが、骨壷でもあるまいし、その当時まだサイババさん御健在でしたからねぇ。別に彼の灰というわけでもないんです。 大変なご利益があるとかで、旧王様以上に崇め奉っているのです。 言ってみれば生き神様ですよね。 ネパールにもクマリという初潮を迎える前の少女が生き神様になると言うしきたりがありますが、生き神様好きなんですね。 こちらの人々は。

 うちのそのスタッフは、トリブバン大学、日本で言う東大卒のインテリなんですが、いろいろサイババさんから学んでいるんだとか。 質素な生き方?  

 町のポスター屋も切手サイズからA1サイズまで売っていまして、数年前にはサイババショップなるものが出来ました。 もっと前からあったのかもしれないが・・・サイババグッズのお店です。シンハーダルバールからディリバザールへ抜けるカリカスタンにあります。興味ある方はどうぞ。 
  
 ショッピングとしては閑散とした通りですが、口コミでくるんでしょうか?

 ちなみにこんな店です。 間口1間半程度ですが、中はぎっしり。 売り子さんは貫禄十分のおばさんでした。 質素でこれだけ太るか?

サイババショップ店構え サイババパワーアッシュパウダー   
  上:店構え 右:サイババ超能力アッシュパウダー


初代サイババさん  サイババショップ店内
  上:初代サイババさん 右:店内、売り子さんはプチデブおばさん


  
  前置きが長くなりました。 実は、我々が今居る事務所の隣がサイババ信者の集会場なのです。 

 ガ~~ン!

 以前はモモ(ネパール餃子)の製造所だったのですが、1年くらいで移転してしまいました。 その後に入ってきたのがサイババ教?終日語ろう憩いの広場なのです。
 
 ここは半端じゃないんです。 スピーカーで一日中スピーチと合唱が繰り広げられ、朝の8時から夕方5時までぶっ通しで何か語りかけています。
 
 歌の音とリズムを聴いていると毎回同じことの繰り返しですが、みなさん良く飽きずに通ってらっしゃいます。
多いときは100人以上入ってきて、警官が出て交通整理をするほどです。

 大体メロディーは覚えました。夕方4時になり、あ~やっとこの歌になったかぁ・・この歌が終わればそろそろ終いだ・・・と。

 でも引っ越してきた当初は朝の5時頃から始まっていたんですよ~。 周りから苦情が出て今の8時からになったのです。 スタートはほら貝に似た音なんです。 確かに近所迷惑。

 仏教も唱えるということに関しては人後に落ちませんが、ヒンドゥー教は半端じゃないですよ。その流れもあるんでしょうが、一日中唱えるって言うのは何万語かを記憶しないとできません。 私は残念ながら宮沢賢治の詩を全部暗記できませんでした。 雨にも風にも負けました。 それはおいといて・・・抑揚をつけて、聴衆をうっとりとさせることの出来る読経者は結婚式などでは数倍の値がついて引っ張りだこらしいです。
 
 今、4時15分始まりました。 そろそろ〆の歌です。いや読経です。でも私には不快です。

 こうやってサイババ二世さんが亡くなっても遺志を引き継いでいるんですね。 まったく以前と変わりありません。 サイババ三世さんは今どこに居るのでしょうか? みなさんその出現を待ち望んでいるようです。 うちのスタッフに聞いたら・・8年後なんだそうです。 ということは・・今・・あなたも8年後にはサイババ三世の親になる可能性が・・・。

 でも~・・・・・こういう宗教法人。実は有難迷惑なんですよね。 以前日本で土地を探していたとき、不動産屋さんに「どうしてここは安いんですか?」って聞いたら・・・実は隣が新興宗教○○会の集会所なんです・・と。 あ~~どうりで・・・。土地所有者も嘆きますよねぇ。

      たのむから山の中に移転してくれ!さもなくばせめて防音処理を・・・   

ネパールサイババ協会集会所
塀の上はぜ~~んぶ 筒抜け。 30cmスピーカー2基・・・勘弁して・・・後生だから・・・・。



 
 
でわでわ また


 追伸 実はこの近所に似たような宗教家が居るんです。 誰? この方? 絶対怪しい。祈祷師?

怪しい宗教家

別窓 | インドのこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで |
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。