あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
シンガポール観光・・その2 River Safari in Singapore Zoo
2015-08-29 Sat 16:32
ナマステ!


本当は水曜日にでもアップしようかと思ってた記事だったんですが・・ちょっと出張が入って本日戻り。
         久しぶりのプロペラ機



 ちょっと焦ってます。 なんせ1週間前の出来事ですし・・・。 


 ま、でもめげずに・・。


 最初に行ったGardens by the Bayは正直なところ・・何度も足を運ばないと全体を廻れそうにないくらい広くて、よくぞまぁこの小さな島国にこれだけの物を作ったもんだ・・と感心するのでありますが、次に紹介するシンガポール動物園に新たに出来た名所は


  その名も・・・River Safari (リバーサファリ)。 


  大きさそのものは見て回るには丁度良い広さでありました。 


  コンセプトは「世界の大河・・およびその近辺に棲む魚類・爬虫類・哺乳類を一堂に集めちゃったからさー一度見に来てよ!」・・というものです。


 最大のエリアを誇るのは南米アマゾン川。 真ん中の水路を隔てて右半分を占めていて、左半分に・・・

 北米のミシシッピー川、アフリカのコンゴ川、ナイル川、インドのガンジス川、オーストラリアのマレー川、東南アジアのメコン川、そして中国の長江(揚子江)のエリアがひしめいているというレイアウトになってました。


 これらの河をの長さを足したら地球1周しちゃうような長さだけど・・・ぐるっと歩いたら1キロちょっとくらいかも・・。 凄く凝縮したもんです・・。



 現在あるシンガポール動物園の三つの施設。 最初にオープンしたシンガポール動物園、次にナイトサファリ、そして今回のリバーサファリとも入口は近接していて、チケットも同じ建屋で買えるし、バスもタクシーも同じところで乗り降りできるので、間違って違う動物園の名前を言っても同じ場所に降りるので迷うことはありません。


  入場料28シンガポールドル・・2500円。 子どもだって1500円も取るのだからこの点はちょっと不満が・・。


  日本の誇る旭山動物園と比べて3倍もするのだ! お金持ちだけ来なさいね・・と言ってるのか?


  ま、はっきり言ってえげつない料金だ。  庶民・・というのがどの辺のあたりを指すのかは微妙だが、充分に見合う内容を提供してくれているのなら納得できるが、どうしても旭山動物園と比較してしまうと・・ヤクザなショーバイしてんじゃねーよ!と声を小さくして言いたい。


 シンガポールにある他のいろんな施設の入場料はそれなりに高いので、国民は麻痺しちゃってるのかもしれないけれど、一家揃って見に行くとなると、そうそう何回も足を運べるところじゃない気がします。


  「・・・あ~~見に行きたいけど・・一家4人で100ドル・・かぁ・・別料金のアトラクションと食い物で更に100ドル・・どっしよっかなぁ~・・」


 「な、どーするかぁさん?」


 「今年は動物園行くならセントーサのユニバーサルは行けないよ!」


  「そ、それじゃ子供らが可哀そうだろ!」


  「ふん! だったらもっと稼いでおくれ!あたしゃどっちも興味は無いんだ。」


   「そこに金使うんだったら、あたしの化粧代や洋服におくれな。」



  「そっちに振るかぁ? んな無理いうなよ~・・勝手に太って服が着れなくなったのは俺の責任じゃね=ぞ!」


 「何言ってんのさ、あんたが外に連れ出してくれてたら、ここまで太らなかったんだよ!」


   とかなんとか揉めながら・・とにもかくにも・・一家200ドルの出費もなんのその、元は取るべと一日だけエリート面した陳さん一家は子供たちを引き連れて、我が物顔で動物園やセントーサになだれ込むのだ。 


  こんな家族は意外と多いんじゃないかな?などと勝手に推測しちゃうのだが・・シンガポールも日本も中国人観光客に席巻されてますからねぇ。 なんせ数が数だけに年に一度の家族サービスだって一つ所に集まれば傍若無人の大集団が出来上がる。 


中国本土からの成金家族がなだれ込むところ安らぎの空間は生まれ得ない。  シンガポールの中華系家族だって大した変りはないのだが・・


   そーゆー状況下でおとなしい日本人が乗り込んでいくのだから、乗り込む方もそーとーな気合を入れて乗り込まないと川に落とされかねません。 そこんところ重々心得てシンガポール観光をするがよろし。


 撮った写真・・・もう既に思い出されなくなっちゃって、記憶とガイドブックで確証のある物のみお届けします。

   ミシシッピ―川のヘラチョウザメ。 
    ミシシッピー川 ヘラチョウザメ


     ガンジス川のインドガビアルっていうワニ。
       ガンジス川 インドガビアル(ワニ)


    メコン川のジャイアントスティングレー(淡水エイ)
メコン川 淡水エイ


  他にもいっぱいいたけど・・・この前半の大きな目玉ともいえる展示動物は実は川の生き物に非ず。


   中国揚子江(長江)エリアに設けられた・・


     ジャイアントパンダ。 


        ここだけなぜか冷房が効いてました。  



    なぜこれがリバーサファリの中に置かれるようになったのかは判りません。 他にやる気の無いレッサーパンダもいましたが、 半分以上のお客はもしかしたらこれがお目当てなのかもしれません。
      パンダ
   ずぅ~~っと同じ格好で寝たままだったので剥製かと思いました。 2頭いるのですが、もう一頭は小屋の中から全然出てくる気配なし・・。 つまらない時間でした。 

    口を開けて寝たままの姿は一般的中国人のおばちゃんと同じでした。


  で、ここまでを見終わって、橋を渡り反対側のアマゾンエリアへ。


   ここには別料金5ドルを支払ってアマゾン流域に生息する動物、鳥類を小舟で観察できる小クルーズ船がありまして、その名も・・・


   アマゾン・リバー・クエスト。


  船には動力は無いのですが、水路に水流を作りまして、それに乗って見て回るというもので、10分だったかそんな程度で一周して終わっちゃうのですが、右に左に動物が現れるので、油断してたら見過ごして終わり!という・・けっこう集中力と観察力を必要とするものでした。
    
     こんな感じで揺られていきますが、スタートはちょっとしたアトラクションっぽく、川の中に一気にざっぶっ~んっと入って行きます。
   小クルーズ・・その1

  ヒョウ
  ヒョウに出会ったり・・


   フラミンゴ
   フラミンゴに出会ったり


  カピバラ
    見えにくいですがカピバラに出会ったり・・



 赤い鳥
   赤いシギの仲間に出会ったり・・・


   けっこうおもしろかったですよ。


 船を降りた後は、ちょっと歩いてリスざる園に。


   ここはリスざるとの間にネットも何もない空間が用意されていて、人見知りしないリスざるはほんとに我々の目の前に姿を現します。
   リスざる・・その1

   リスざる・・その2

    左程大きくは無いエリアですがけっこう放たれていて、餌場の前でじっと見ていたら少しづつ増えてきて、手すりの傍に立っていたら何かが触ったので慌てて手をどけたら・・リスざるでした。


   図らずもリスざるとスキンシップをしてしまいました。 ただ、リスざるは小生を一瞥してすぐに餌場に行ってしまったんですが、こっちが逆に驚いてしまいました。

    そーゆーことが起こり得る楽しい空間です。


 で、最後に、アマゾン水族館です。 


  ここのメインはマナティ。 淡水イルカです。 実際アマゾンには人間と話が出来る?マナティがいるとかいないとか・・。


 ガタイも大きいのでここは一番大きい水槽が用意されてました。
マナティ・・その2

          マナティ・・その1

  で、アマゾンと言えば・・・ピラニアですが・・もう一つ、世界最大の淡水魚のピラルクーも有名です。
ピラルクー
   これも生きた化石って言われてます。


         で、もうひとつアマゾンと言えば・・・電気うなぎで・・。
        電気うなぎ
        600Vを出すっていうのだからすごい・・。


   ほかにも、爬虫類やらいっぱいいました。 アナコンダにボア。 どっちも太かったですが、まだ若者サイズのようでした。 5m程?


   何度も言いますが、28ドル(シンガポールドル)は高いですが、それなりに楽しめました。


   まだ人気がないのかあまり人がいなかった所為もあります。 これで旭山動物園並みに圧倒的に中国人(本土から)ばかりだったらすぐに帰ったかもしれません。 ガイドブックには3時間と書いてありましたが・・2時間強で一回りしちゃいました。


  ま、大人も楽しめたから子供はもっと楽しめるかと思います。 ひねた子供でなけりゃ・・ですが。


  なかにはやっぱりルールを守らない中国人はいましたが、今回は怒らず、憐れんで見ることが出来ました。


   小生・・少し成長したかもしれません。


    でわでわ また


スポンサーサイト
別窓 | シンガポールのこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
シンガポール日帰り
2013-05-14 Tue 03:37
ナマステ!

 日帰りでのシンガポール往復。 インドネシア3ヶ月のマルチビザ取得とはいえ、3時起きはやはりきつかった。

 無事、乗ることが出来て取り敢えずはホッとしたけれど、シンガポールに着いて・・更にホッとした。

 こんなつまらない街は無いと今でも思ってます。 ・・が、何もかもがシステム化されて、整然として、メリハリが付き過ぎて・・・つまらないのではありますが、今回のように、『何時までに書類を提出してくれれば、いついつまでに返却します。』っていうのを丸々信じて、ちゃんと答えが返ってくるというのは有難い。 

 この辺のところがきちんとしているって言うのは東南アジアではシンガポールくらいかも・・。 やれば出来る。 担当者はどうやらインドネシア人かマレー系の女の方々。 男より出来る!

 朝8時過ぎに空港に着いて、タクシーを捕まえて、9時にはビザ取得の手続きを代行してくれる会社にパスポートを渡すことが出来た。

 あとは待つだけ。

 午後4時半に取りに来てくださいっていう言葉通り、ちゃんとビザを受け取ることが出来た。 長く居ればいるほど飽きてくる街なのだけど、やることはちゃんとやってくれることはやはり嬉しい。

 何せ、ビザが出されなかったら・・飛行機から何から何までキャンセルしなきゃならないし、宿も急遽取らなくちゃいけないし、一日遅れることをインドネシアに連絡しなきゃならないし、作業員のスケジュールを変更かけなければならない。 

 そーゆーところは他の東南アジア諸国にはない安心感がある。

 そんな訳で、予定通り戻ってくることが出来た。

 序でに言うなら・・・夜10時40分、定刻通りに到着して、イミグレも3番目に並ぶことが出来て、難なく通過。 夜のハイウェイもスイスイ。 

 絶対ムリだと思っていた『あまちゃん』を見ることが出来た。 まさにジェジェ!でした。


 さて既に今日になってしまいました。しかも既に1時半。 あと3時間半寝て・・出勤です。


 でわでわ また


 追伸: 荷物を少なくするのにカメラを持っていくことはしませんでした。 でも・・MRTで・・すっごいモデルのような女性が乗ってきて・・・しばらく余韻に浸っておこう。 カメラはやっぱり・・基本・・いつも持ってないといけませんね。 


 ランキングに参加しています。 皆さんの後押しが更新の励みになります。 
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。 またお越しくださいませ。


別窓 | シンガポールのこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
蘭の花
2011-11-06 Sun 11:51
ナマステ!

 インドネシアの観光ビザが切れたので。昨日一旦シンガポールに戻ってまいりました。

 H2は海外出張中。 誰も居ない久しぶりの時間が作れるかと思ったら・・明日帰ってくるとの事。

 で、部屋に入ってみて・・・驚いたことがあります。

 なんと蘭の花が咲いていたのです。
蘭の花2 立ち姿
  
 この株は、道端を歩いていたら街路樹の根元にポロって転がるように落ちていました。

 最初は何の球根だかわからなくて、でもなんとなく蘭のバルブにも似てるなぁ・・・と思い、拾って家に持ち帰って何気に灰皿にティッシュペーパーを敷いて、その上に置いて水を上げてました。

 これも彼此3ヶ月前の話です。 引っ越してきてそれほど経ってない時でしたし・・・。

 そういえば、一ヶ月前、H2が電話で・・

 「おめぇの拾ってきた球根から芽が出てんだけっとも土に入れたほうがいいのが?」 

 「ん?何の話?」

 「何の話って・・おめぇが拾ってきて灰皿の上に置いだやづだよ。」

 「あ~あの蘭がぁ・・んだなぁ。 ティッシュが乾き切る前に水やってぇ↑、あどは霧吹きあたりでシュッシュしてくれっぱいいがら。」 

 

 で、すっかり忘れていました。 H2に感謝です。 水遣りありがとよ!



 大振りで華やかな蘭ばかりが蘭じゃないよ!って言っているような感じでいいっすねぇ。

 違う角度から・・・

蘭の花1 立ち姿  いいねぇ。


 んでもって花の拡大写真も
蘭の花3 拡大 いいよいいよー笑ってぇー


はい、こっちもねぇー
蘭の花4 拡大 上から目線でごめんねぇー

 可愛いわー、思ったほど質が高いと思わなかったJKT48より可愛いわ。・・・?

 線の細さがまたいいじゃないですか。 
 線の細さだったらHNI(ハノイ)48でもいいんだけどね。出来るかどうか・・。
 HCM48(ホーチミン)でもいけるぞ・・・・キリねぇって。



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 シンガポールの国花が蘭の花だって知っている人・・手を挙げて!

 多分・・・半分手が挙がるかどうか・・。 実際に街中で野性の蘭を見ることは余りありません。

 ジャングルっぽいところに行けばけっこうありますが、街路樹で蘭が寄生している木はほんとにないんです。

 ほとんどはシダ類に席巻されていて、蘭がはびこっている木を見ることはほとんど稀です。

 僅かに、もともとジャングルにあった木を切らずに、公園の一部としたり、街路樹の一部としたりっていう木にまとわりついていることはあります。

 そんな訳で国花にしている割には寂しいなぁと思っていたのですが・・・

 そんな蘭がもしかして小生が拾わなかったらそのまま朽ちていったかも知れない事を思うと・・

 嬉しい限りです。 なまら愛おしく思えてなりません。 

        植物は裏切らない! 

 

 そんな感じで、拾った時期でいえばその先輩に当たるんですが、今年の4月頃に同じように、とある人の現場に行った時に見つけた蘭がこれ。 同じように枝の一部が枯れて丁度枝ごと歩道上に落ちていた物です。
蘭。 これから


 上を見るとそれは蘭に占拠された大きな木でした。いたるところに大きな株をつけて・・

 もともとジャングルだったところ?と見えて、周りはこれから工業団地になる予定のところで、ポツンと3・4本だけ大きな木を残してあって、うまく道路の街路樹と成り得るようなものだけ切らずに残されたという感じです。
 
 こっちも花をつけてくれると嬉しいなぁ。


 今晩はいい夢を見れそうです。


 でわでわ また


ランランラン・・買い出し行こ!
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 ご訪問ありがとうございました。
  
 
別窓 | シンガポールのこと | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
はりぼて?
2011-08-16 Tue 13:51
ナマステ!

閑話休題。

ちょっと前になりますが、ブギスジャンクションからビーチロードに向かって歩いていたらこんなものが・・。

錯覚? 張りぼて?

 Gateway Building.

 マッチ箱を潰して建てたような超扁平のビルでした。

 遠近感もかなわなくて、最初は手前にあるクレーンで張りぼてを作っているのかと思っちゃいましたが・・・れっきとしたビルなんですねぇ。

 多分知らなかったのは私ぐらいかと思いますが・・・。 

 ブギスは人が多すぎてあまり行かないんです。

 たまたま、釣り道具を買いにHさんと歩いていたら見つけました。

 すごい鋭角に作ってあるので見る角度では一枚板のようにも見えます。

 少し歩いてまた見たら・・・スターバックスがリアルに・・・

 もちろんリアルスターバックスなのですが、最初はよくここまで似せて描いたもんだと・・。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 でもどうしてこんな無駄がいっぱいあるビルを作る気になったんでしょうねぇ? 土地は十分あるのに。

 奇抜といえば奇抜です。

 でわでわ また


マレーの昼飯2.5リンギ・・・安~~。 昨日の夕食日本食125リンギ・・50倍・・。Sinより安いか。
 
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

 
別窓 | シンガポールのこと | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
訪問者
2011-07-21 Thu 02:38
ナマステ!

 今日は6組の訪問者が来ました。 この10日間で15・6組が見に来たことになります。

 外人さん(欧米系)が8組くらい、インド人が4組程、でもシンガポール人かもしれない。 

 そして恐らく投資目的?のシンガポール中華系が4組。 こんなガタガタの部屋でも人気があるのでしょうか?

 その辺は伏せているのでしょうが・・・イーストコースト・・人気なんですね。

 ここは比較的静かですもんね。高速側(ECP)の部屋はちょっとうるさいだろうけど眺めはいいはずです。

 我々の部屋は北向きですがマウントバッテン沿いは戸建てが多いので眺望は抜群です。こちらの街並みも景色は悪くないです。遮るもの全然無いですから。

 これだけ来れば買手はつくだろうと思います。 でも4300は高すぎ。な~に考えてんだか・・パークウエイパレード横のコート・ダ・ジュール?の12階でも同じ値段だったぞ! 向こうの方がまだまだ新しいし、場所は最高だし・・

 このごーつくばばぁめ! じじぃかな? 自分的にはここはばばぁであってほしい。 いいとこ3000ドルの物件です。

 どうやら交渉の余地が無かった我々ですから出て行きますが・・・ね。

 日本人の訪問者は・・・実は2人居ました。 外人さんと一緒に見に来てましたね。 どちらも20代後半から30前半っていうところでしょうか。 美人さんでしたが・・・。

 なんか見られて罰が悪いのはこっちです。 50代男二人、訪問済むまで出っ腹抱えてテレビ見てるだけですから・・。

 日本人男性諸君! もっとがんばろうじゃないか! タイやフィリピン、ベトナムばかりじゃなく英語圏で・・。 って小生英語圏苦手ですが・・。 説得力・・・皆無。

 日本女性ってそう考えるとすごいですよね。ファッションから自動車業界まで売り上げを左右するのは彼女達の嗜好と購買力ですもの。 で、海外に出て伴侶だかボーイフレンドを見つけて・・。 海外の経済まで影響を与えてるんですから。 鏡ですね日本経済の。

 でもうちの会社にいるI嬢はいつも「お金持ちの男性と結婚したい!」って言ってます。 

 彼女も現地採用の英語ぺらぺらな日本人ですが・・・縁が無いんでしょうか? 

 もう5年も聞いてます。たこも出来てます。 そろそろ妥協してもいい年頃になってます。

 われこそは!という方、非公開でけっこうです。 名乗りをあげてみては?

 ちなみに・・・料理は・・・ x でしょうか。

 裁縫・・? 針は持たせない方が無難でしょうね。 何に使うか知れたものじゃない。

 でも大阪人。←ポイント高いか低いか判りませんが・・ボケとツッコミの間は流石に一流です。

 特技はタ・カ・リ。 財布を見せてはなりません。 コバンザメのようにまとわりつきます。

 性格は悪くないんですがねぇ・・・日本経済にまったく関与しない女性も中にはいます。


 でわでわ また

   
別窓 | シンガポールのこと | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで | NEXT>>
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。