あいやばば
http://asiantown.blog.fc2.com/
World Wide Weblog
たまには魚も・・。
2015-09-24 Thu 18:04
ナマステ!

 先週の木曜日・・。 2週間ぶりくらいで木曜夜のナイトマーケットに行ってみた。


 先の受診で”逆流性食道炎”と診断されてから、ちょっと食生活に変化を求めなくてはいけなくなった・・・。 っていうのもあり、野菜を買いに行ったのであります。


 で、そこで見たものは・・・なんかテレビで見たことあるな・・?っていうちょっと昔だったのだけれど有明海で獲れる「ワラスボ」っていうエイリアンとも称される魚が瞬間的に脳裏に浮かんだのです。 


 魚でもオコゼとかアンコウとかっていうのじゃなくて、完全に地球外生命体みたいな・・。


 そーゆー魚が他のサカナ・サカナした魚の中に混じって売っていたのです。


 現地での写真ではないですけれど、家に持ち帰って皿に置いて撮りました。


      それがこれ。
      JBで売ってた魚


    口がやたらと大きい。 ちなみに”ワラスボ”とは似て非なるものでした。 人の想像力っていうのも当てにはならない・・・。


  それでも、この攻撃的な口というか、ずらりと並んだ鋭い歯は触ると危険。 何気に上あごをつまんで持ち上げようとしたら・・・指にぐさりと刺さってしまって・・・なんて痛かったことか・・。 不覚にも血を見てしまいました・・・。


  美人の若奥様がやったならまだしも・・いい年したオヤジが血が出た指を口に持っていく図は全然絵になりません。


 他の特徴といえば・・皮膚はそれでもワラスボのようにゼラチン質でもちろん鱗はありません。


      その大きな口で飲み込んでた魚がこちら。
      丸飲みしちゃうらしい・・・。

     凄いです。 丸飲みですね。 お腹に違和感があるので押してみたらお尻から出てきました・・・。


   拡大して見ると・・・
   拡大


    この手のサカナは美味しかろう・・・と、興味本位で買ってしまったんだが・・・


   さて、近縁種?のワラスボ料理を見ても載っていない。 生ワラスボに関してはあの”つくレポ”にも無かった。


   なんでも有明海の珍味とかであちらでは乾燥品が主流らしい・・・。


   それでも何かあるだろうと、いろいろなブログを見てみるととある料亭で・・刺身・・。


   いくらなんでもここじゃ無理。


    他は味噌汁とかあったのだが・・・生を料理っていうと・・意外と載ってないのだ・・。


  して、一個だけ見つけたのが・・・・・塩して焼く・・・。 塩焼きですね。


   で、しょうがないから・・・くっつきにくいアルミホイルを使って・・塩コショウ・・。


       出来上がりがこちら。
       焼いてみました。

    味は全く癖が無く、実にタンパク。 ただ身の締りは無くて箸でつまむにも少し苦労するくらいやわらかい。  


  でも小骨が無く、身離れは最高で、簡単に箸だけで分離出来ちゃう。 それにゼラチン質の皮も美味い。


   大きさは20~23cmくらいのサイズが5匹で2リンギット。 60円。 この手の魚は次行っても売って無かったりするんですよね。 きっと外道扱いなのかもしれません。  以前取り上げたコチに似た魚もあれ以来お目に掛かっていませんし・・。


    名前はわからずじまいなんですが・・・”ワラスボの親戚”ということにしておきましょう。 


     美味しかったですよ。  でも・・料理し慣れた人ならもっと美味しい料理法があるはずだ・・と思えてならない。


    食事は出来るだけ魚か鶏肉と言われているので、魚の良さをまた再発見できたし、マーケットはこれからも足繁く通うことになるでしょう。


    でわでわ また


スポンサーサイト
別窓 |  食 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 40億のはざまで | NEXT>>
copyright © 2006 40億のはざまで all rights reserved. template by [ALT-DESIGN@clip].
/
QLOOKアクセス解析